MENU

プレミアムカードローンがクイックカードローンより絶対得!

りそなプレミアムカードローンは、りそな銀行が提供するカードローンのことです。

 

カードローンはご存知のように、個人向け無担保融資のフリーローンです。住宅ローンなどと違い、用途が決められていないので、お金を借りたらなんにでも使っていいものです。

 

大きなメリットはやはり急な出費に対応できることですし、クレジットカードのキャッシングよりも断然得だという点です。

 

クレジットカードのキャッシングは金利が大体18%くらいになりますが、カードローンは10%を切っていても珍しくありません。

 

>りそなプレミアムカードローンよりおすすめのカードローン3社<

 

そんなカードローンですが、実はりそな銀行にはふたつのカードローンが用意されています。金利が低い上に限度額は高いプレミアムカードローンと、少額をさくっと借りられるクイックカードローンです。クイックカードはクレジットカードのキャッシングよりは低いものの、残念ながら金利が高めです。

 

ですので、りそな銀行でカードローンを考えるのであれば、間違いなくプレミアムカードローンを選ぶべきです。大手銀行各行でもカードローンを用意していますが、その中でも特に金利が低い方なので、メリットが大きいです。

 

りそな銀行のプレミアムカードローンの魅力はそれだけではありません。利用限度額が最大で800万円と非常に大きな額である点も、クレジットカードなどには到底およばないレベルになっています。当然、借りたら返さなければいけませんから、加入には審査がいるので、そこそこの年収がないと限度額が大きくはなりません。

 

しかし、このカードローンは一番低い限度額が50万円設定ですし、限度額300万円までは原則収入証明書は不要とされています。つまり、ある程度条件が揃っている方なら高確率で審査をパスできるということでもあります。

 

実はカードローンというのは総量規制の対象外です。総量規制というのは、複数の借入先の借り入れ合計額が年収の3分の1以下でないといけないというものです。国民が借金で破綻しないようにするためにできあがった規制で、これらは信用情報機関などに個人の借り入れ状況などを保存し、共有して確認します。

 

なので、ウソの申告は通用しませんが、借金が多い人は新たに借入先を作るのが難しいのに、カードローンであればその規制の対象外なのです。もちろんりそなプレミアムカードローンだって同様です。そなプレミアムカードローンはメリットに溢れたカードローンだと言えます。

 

最大の魅力である低金利とはどれくらいのレベル?

 

りそなプレミアムカードローンの最大の魅力は低金利です。同じようにカードでお金を借りる、クレジットカードのキャッシングは大体法定金利の最大の18%くらいが一般的です。

 

りそな銀行が用意しているプレミアムカードローンにおいてはその金利は3.5〜12.475%となっています。10%以上の差があるということは、借入額が大きくなればなるほどその差が歴然となることでしょう。

 

クレジットカードだけでなく、このプレミアムカードローンの金利は消費者金融や信販と比べてもかなり低い傾向ので、日本のカードローン業界ではトップクラスと言っても過言ではないかと思います。

 

まず、プレミアムカードローンの金利は先ほども紹介したように3.5〜12.475%になっています。これは後述しますが、限度額によって金利設定が違っています。他社のカードローンでは、有名なところで住信SBIネット銀行Mr.カードローンのプレミアムコースがありますが、こちらは2.49〜7.99%になっています。

 

りそな銀行のカードローンよりも金利が安いですね。ほかには安いところはありませんが、限度額が大きくて人気のみずほ銀行のカードローンでも3〜14%ですし、三菱東京UFJ銀行カードローンは4.6〜14.6%となっています。

 

消費者金融のプロミスなんかだと4.5〜17.8%と低くとも、りそなプレミアムカードローンとは比べるまでもないですね。プレミアムカードローンの金利はかなり低めだということはおわかりいただけたかと思います。金利は積み重なったり、母数が大きくなるとどっしりと響いてきます。

 

ここでいう母数は借り入れた元本ですね。0.1%でも大きく変わってきますので、5%6%と変わってくると、それは大きな意味を持ちます。

 

限度額が800万円はかなり大きな安心感

 

カードローンの魅力はなんといっても限度額の高さです。クレジットカードのキャッシングだといきなり大きな額の限度額設定はもらえませんが、カードローンはそもそも設定が高いので、高確率で高い設定を受けることができるメリットがあります。

 

りそな銀行プレミアムカードローンの最大限度額は800万円です。かなり大きな額になりますね。みずほ銀行などは最大1000万円、ほかの銀行系カードローンも大体800万円で同等のレベルですが、他行より高ければいいというものではなく、純粋に800万円を見れば、それは大きな額かと思います。

 

それからプレミアムカードローンの限度額は段階的に設定されています。そして、この限度額設定によって金利が違っています。現在の状況は下記を参照にしてください。

 

  • 50万円型 : 12.475%
  • 100万円型 : 11.5%
  • 150万円型 : 11.5%
  • 200万円型 : 9.0%
  • 300万円型 : 7.0%
  • 400万円 : 5.5%
  • 500万円 : 4.9%
  • 600万円 : 4.5%
  • 700万円 : 4.0%
  • 800万円 : 3.5%

 

プレミアムカードローンのデメリットとは?

 

りそなプレミアムカードローンにもデメリットはあります。まず、申し込み条件が厳しいとよく言われます。必須条件として「年収400万円以上の正社員」ともされているので、限度額300万円までは原則収入証明書は不要とは言われていますが、現実的にフリーターや主婦、学生が申し込んでも期待はできません。

 

しかも、銀行なので融資スピードも遅いとよく言われます。審査結果が出てから融資まで10日前後はかかるので、みずほ銀行の即日融資よりもかなり条件は悪いです。それから、変動金利である点もデメリットです。りそな銀行は7月と1月の年に2回ほど金利の改定をしています。

 

なので、返済中に利率が下がればともかく、上昇するリスクを避けられません。そんなデメリットを考慮してもなおりそなプレミアムカードローンはどんな人に向いているのかというと、りそな銀行の口座を持っているそれなりの年収で安定した正社員ということになります。

 

変動金利であっても、最小で3.5%しか付かないというのは魅力的です。限度額もそれなりに高いですから、おまとめローンを実施するにも向いています。りそなプレミアムカードローンは安定感のある人が持つと、さらに強みが出てきます。

りそなプレミアムカードローンの特徴はきっちりしたところ

 

りそなプレミアムカードローンの大きな特徴は、やはりりそな銀行という、銀行系のカードローンである点ではないでしょうか。

 

限度額300万円までは原則的に収入証明がいらないとは言われていますが、それは最低限でも400万円以上の年収がある必要があるからです。

 

それ以下の人は確実に審査で落とされますし、そもそも最低限の条件において主婦や学生、フリーターはともかくとして、自営業者まで受け付けないとしているくらいですから、かなり厳しいです。さらに、りそな銀行の口座も必要です。

 

りそなプレミアムカードローンの借り入れにはATMを利用するので、キャッシュカードが必要なのですが、返済は引き落としのみ、しかも指定できるのはりそな銀行口座だけだし、引き落としも毎月5日と、かなりがんじがらめの印象は拭えません。

 

しかし、逆に言えば、返済を忘れることは一切ないですし、口座にある程度お金を入れておけば信用情報に傷がつくこともありません。慣れてしまえばこっちのもの。というのが、このりそなプレミアムカードローンの大きな特徴なのです。

 

なんといっても、大きな借入額、小さな金利

 

それから、借入額が大きくて、金利は低いという点は特長を超えて魅力でしょう。例えばクレジットカードのキャッシングで同じように現金を手に入れても、返済時に年利で18%も金利がついてしまいます。

 

りそなプレミアムカードローンであれば、限度額が800万円型の人だと3.5%とかなり低く抑えられます。単純に14.5%もの差があるのですから、借りる額が大きければ大きいほど、返済額が雲泥の差になるといわけです。これはかなりの魅力になります。

 

それから、最大で800万円も借り入れることができるのも特徴ですよね。車だって高級車が買えちゃうレベルです。しかも、キャッシュカードを使ってATMで引き出す感覚で借り入れできるのもいいですね。急ぎの用事で入り用になったときにすぐに入手できる便利さ。りそな銀行だけでなく、提携銀行やコンビニのATMでおろせるので、いつでもどこでも借り入れが可能です。

 

りそな銀行では各種ローンを用意していますが、住宅ローンを組んでいる場合、なんとりそなプレミアムカードローンの金利も概ね0.5%ほど下がるという特徴もあります。家やマンションを購入した人はよりりそなプレミアムカードローンが使いやすくなるというわけです。ということは、800万円型の限度額設定であれば、ほんの3%だけで借り入れができるようになってしまっている、となります。これはおいしい情報ではないでしょうか。

 

特徴=メリットのような感じで紹介しましたが、なんにでも表と裏があるように、メリットの裏にはデメリットがあります。ですので、そういったポイントをしっかり理解していないと特徴が突如弱点になってしまうこともありますので、注意してください。

 

例えば、キャッシュカードで気軽に借り入れができるあまりに、気がついたら返済に苦労するほどの借金になっていた、なんてこともあります。利用は計画的にすること。これが大前提だからこその特徴なのです。

りそなプレミアムカードローン以外でオススメのカードローンならどれ?

 

りそなプレミアムカードローンは無事に審査が通ったところで、キャッシングで融資を受けられるまでに1週間から10日はかかるとされています。申し込みから合わせれば、契約書の郵送、返送で数日、システム上で利用可能になるのが1週間なので、実質的に2週間はかかるとも言われています。

 

しかも、りそな銀行に口座がない人は口座開設後にキャッシュカードの郵送に7日かかりますから、カード入手日に即申し込んでも、結局りそなプレミアムカードローン獲得に動き出してから全部で20日くらいはかかるかもしれません。

 

審査が即日完了すると謳っているにもかかわらず、この日程は厳しいですね。例えば、みずほ銀行のカードローンなんかは、審査が通って確定したら、その日からキャッシュカードでATMからお金を引き出すことができるようになります。この差は一体なんなんでしょうか。カードローンを申し込み場合、多くのケースで急いでいる人が多いです。それなのにこのスピードは、ちょっと遅いですね。

 

ですので、りそなプレミアムカードローンは業界トップレベルで使いやすいのですが、まだまだ完璧とは言い難いです。なので、ここではあえてりそなプレミアムカードローンよりもよさそうなカードローンを紹介してみたいと思います。

 

りそなプレミアムカードローンを超えるカードローンがある?

 

カードローンの魅力はなんといっても手軽に融資を受けられ、しかも返済も簡単な点です。また、なによりも重要なのは金利が低い点です。ほんのわずかな違いでものちのち大きく変わってくるので、なによりも重要なのは金利かと思います。ここではりそなプレミアムカードローンよりもいいカードローンを紹介しますが、条件としては金利が低めに抑えられていることを基準にしています。

 

みずほ銀行カードローン

 

限度額が1000万円という、カードローン業界では高設定です。金利も比較的低く抑えられていて、4.0〜14.0%になっています。みずほ銀行の住宅ローン利用者はさらに金利が低くなるので、限度額設定が高いほどに魅力が増すでしょう。

 

三井住友カードゴールドローン

 

3.5〜9.8%とりそなプレミアムカードローンとなんら遜色のないカードですね。限度額が700万円までと、みずほ銀行やりそなプレミアムカードローンよりはだいぶ少ないですが、限度額の大きさがカードローンの魅力を決めるわけではないので、返済時の金利を重要視するべきです。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)

 

ネット銀行なので、各種手数料が安かったりします。そのため、ここの金利設定は2.49〜7.99%なので、りそなプレミアムカードローンよりも断然安いです。

 

ネット銀行はサービスを行う実店舗もなく、店舗がないので従業員の数も抑えられますよね。従業員が少ないと人件費も安いですし、金利も低く設定できます。今後はこういったネット銀行のカードローンが台頭するのかもしれないですね。

各社のカードローンそれぞれにメリットデメリットはありますが、それは自身のライフスタイルや考え方などから判断すればいいのではないでしょうか。いずれにせよ返済はしなければならないので、金利が低い方がよりベターかと思います。

りそなプレミアムカードローンを検討中の方がよく比較しているのはこの3社です!


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.7%〜18.0% 500万円 最短30分 最大30日※1

※1 初めて契約後30日間

 


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.8%〜13.5% 30万〜700万円 約1週間〜2週間 なし