MENU

申し込みは基本的に正社員が望ましい

りそなプレミアムカードローンは銀行系のカードローンのため、審査が非常に厳しいとされています。

 

概ね下記に当てはまる人が最低条件をクリアしていて、申し込みの資格があると見られます。

 

  • 満20歳以上満60歳未満であること(申し込みの受け付け時)
  • 継続して安定した、400万円以上の収入があること
  • パート、アルバイト、主婦、学生、個人事業主、親族と同じ事業から給与を所得している者は不可
  • りそな銀行の営業エリア内在住者であること

 

まず、年齢はともかくとして、年収が400万円はあり、継続し安定した収入が必須です。これはつまり正社員などのちゃんとした社会人であることが望まれます。その次のパートもしくはアルバイトは不可とここでは紹介していますが、一応審査はしてもらえます。

 

限度額希望が300万円以下の場合は原則として収入証明が不要だからというのもありますし、限度額50万円型であればある程度の収入があれば年収は問わないとされているからです。しかし、個人事業主や親族と同じ事業におり、給与をもらっているような社員も基本的には難しいです。

 

主婦や学生はまず無理ですね。結構厳しいというのが、りそなプレミアムカードローンの利用条件です。りそな銀行の営業エリア内というのも厳しいですね。近くにりそながなかったら審査に通過しないのです。不払いの際に取り立てるためなのかはわかりませんは、そういった条件がついています。

 

りそなプレミアムカードローンだけでなくカードローン自体に向かない人

 

利用条件というよりか、りそなプレミアムカードローンだけでなく、カードローンそのものが向いていないという人もいるかと思います。それは、計画的な利用ができない人です。カードローン最大の特徴は、借入限度額内であれば何度でも融資を受けられる点です。

 

例えば、りそなプレミアムカードローンで500万円の限度額になっていたとします。最初に100万円を借り入れると、その枠は400万円になります。

 

小分けでも1回でも最大で400万、合計で500万円の借り入れができるというわけです。300万円を借りれば残が200万円ですが、100万円を返済したら、借り入れ可能残高は300万円になります。

 

計画的に借り入れができない、借金をコントロールできない人はかなり危険です。ですので、利用条件に組み込むべきだと思います。借金を重ねていくと、ある程度の点で感覚が麻痺してきます。

 

例えば、先の300万円借りて、100万円を返済したときのケースですが、普通に考えればまだ200万円の負債を抱えているわけです。しかし、コントロールが効かない人は、このときに自分の資産と借り入れ可能残高がごちゃごちゃになり、自分の懐に300万円があると思い込んでしまうのです。

 

こうなると返済している感覚がなくなってきてしまい、借り入れに対する返済なのに貯金をしているつもりになってしまい、借金も一向に減らないです。ですので、性格的に合わない人はりそなプレミアムカードローンだけでなく、カードローンそのものに手を出すべきではありません。

りそなプレミアムカードローンを検討中の方がよく比較しているのはこの3社です!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


アコム
アコム

実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.7%〜18.0% 500万円 最短30分 最大30日※1

※1 初めて契約後30日間


イオン銀行ネットフリーローン

実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.8%〜13.5% 30万〜700万円 約1週間〜2週間 なし