MENU

銀行系カードローンなので、条件がかなり厳しいのは仕方がない?

りそなプレミアムカードローンというくらいですから、これは銀行系のカードローンであることはすぐにおわかりかと思います。

 

カードローンは銀行系や消費者金融系などありますが、銀行系の方が審査が厳しいのは一般的です。ローンやクレジットカードの申し込みでも同じですよね。銀行は厳しいのです。

 

また、ローンである以上、審査は必ず行われます。誰にでも黙って貸すようなことはしません。一応即日審査が完了するということは謳っていますが、現実的にはそう簡単ではないようです。

 

よくネットなどでお試し審査のようなサービスを用意しているカード会社などもありますが、りそな銀行にはそんな優しいものはありません。最初からびしっと正面から申し込みをしなければなりません。その際の最低限の申し込み条件は次のようになっています。

 

  • 申し込みの受け付け時点で満20歳以上満60歳未満であること
  •  

  • 年収が400万円以上あり、継続安定した収入であること(限度額300万円までは原則収入証明書は不要。限度額50万円型は収入の制限はない)
  •  

  • パートもしくはアルバイト、主婦、学生、個人事業主、親族と同じ事業から給与を所得している者は不可
  •  

  • りそな銀行の営業エリア内在住であること

 

基本的には正社員でなければならないということであり、りそな銀行が近くにあることが前提となっています。これはかなり利用者を限定する条件ですね。かなり厳しいです。

 

申し込みから借り入れまでの流れ

 

まずは申し込みです。これはネット経由で行います。郵送や電話、銀行窓口などアナログな手段では受け付けていません。ただ、りそな銀行の口座を持っていなければ、まずは本店や支店に出向いて口座開設手続きをしなければなりません。

 

審査に関しては最短で当日回答を受け取れます。しかし、その後の手続きには時間を要するようです。アナログは禁止でありながら、銀行側からは契約書類は郵送となります。

 

ここに身分証明書コピーや収入証明書を同封して返送。書類が銀行に着いて約7日後にキャッシングができるようになります。

 

この郵便の往復は時間がかかるので、りそな銀行の融資の遅さの一因となってしまいます。7日後と言っても大体全部で10日はかかります。

 

しかも、口座がなかった場合、カードローンでキャッシングに利用するキャッシュカードが郵送で届くのにも約1週間かかります。このあとにカードローンを申し込むことになるので、最短でもキャッシングができるまでに2週間はかかる見込みです。

 

借り入れ方法ですが、キャッシュカードでATMからおろします。りそな銀行のATMだけでなく、提携金融機関、ゆうちょ銀行のATMでも可能です。さらに、コンビニATMとしてはバンクタイム(サークルKサンクス)、イーネットのマークがあるコンビニ、ローソン、セブン銀行のATMも利用できます。

 

りそなとバンクタイムATMは利用手数料不要ですが、ほかのATMは100〜200円レベルの手数料がかかります。返済は自動引き落とししかありません。

 

そして、その引き落とし口座はりそな銀行の口座しか指定できないので注意が必要です。まあ、申し込み条件にりそな銀行の口座が必要なので、問題はないかと思いますが。それから、引き落とし日は毎月5日固定です。

 

いろいろと条件は厳しいですが、契約が済んでしまえばどこでもお金を借りられますし、返済を忘れることもありません。りそなプレミアムカードローンはやっぱり便利ですね。

りそなプレミアムカードローンを検討中の方がよく比較しているのはこの3社です!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


アコム
アコム

実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.7%〜18.0% 500万円 最短30分 最大30日※1

※1 初めて契約後30日間


イオン銀行ネットフリーローン

実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.8%〜13.5% 30万〜700万円 約1週間〜2週間 なし