MENU

りそな銀行は審査が厳しく、融資も遅い

りそなプレミアムカードローンを扱うりそな銀行は、やっぱり銀行なのでどうしても審査が厳しい傾向になります。こういった審査はどの業者も自社にて判断基準を持っているものですが、銀行というのは往々にして厳しい傾向になるものです。

 

ですので、りそなプレミアムカードローンの審査もかなり厳しいということになりますが、まあ、ほかの銀行系のカードローンと比べてもそんなに違いはないのかなと思います。しかし、噂が先行してしまうと、これはもうデメリットのひとつにカウントせざるを得ません。

 

それから、りそなプレミアムカードローンは契約が済んでもシステム上実際に融資を受けられるのはおよそ1週間後です。りそな銀行のキャッシュカードを利用し、ATMから引き出すわけですが、こんな簡単なシステムに載せるのに時間がかかるみたいです。

 

同じようにキャッシュカードを利用するみずほ銀行は即日利用可能だというのに、おかしな話です。このデメリットはもう噂ではなく事実なので、早く改善してもらいたいくらいですね。りそなプレミアムカードローンのメリットに金利の低さがあるのですが、これは諸刃の剣です。

 

というのは、あまりにも低いとりそな銀行の利益が下がりますからね。なので、この銀行では毎年7月と1月に金利改定を行っています。金利が下がる分にはいいですけど、上がることもありえるので、リスクを背負ったままカードローンを利用しなければならないデメリットがあるのです。

 

0.5%金利が上がるだけで、ぐんと支払総額も跳ね上がりますから、これはリスク以外のなにものでもありません。りそなプレミアムカードローンはデメリットをいくつか持っているので、その点も理解した上で検討することをオススメします。ほかのカードローンも同じですけどね。

 

メリットのキャッシングのしやすさはかなり危険

 

りそなプレミアムカードローンのメリットは契約が済めば、基本的にどこにいても気軽に簡単に最大限度額まで融資を受けることが可能だという点です。しかし、これも気をつけないとかなり危ないことになります。

 

まず、カードローン最大の特徴は、限度額までであれば何度でも融資を受けることができることですよね。300万円の限度額カードの場合、ATMで100万円出してもまだあと200万円は自由に借りることができるというものです。

 

これは計画的に利用しないと借金ばかりの残ってしまう、いくらがんばっても元本が減らない状態に陥り、返済額が積もりに積もって莫大な数字になることもあります。メリットでありながら、最悪の結果を招きかねないのがりそなプレミアムカードローンだけでなくカードローン全体のデメリットです。

 

街中に無数にATMがあるわけですが、そのほとんどでお金を引き出せるプレミアムカードローンは便利でありながらかなり恐いと言えます。ほかにも小さなデメリットは少しだけありますが、メリットも含めて総合的に判断した結果、多くの人がこのりそなプレミアムカードローンを選んでいるのです。

 

カードローンを検討していて、どの業者にするか決めかねているのでしたら、とりあえずりそなプレミアムカードローンがオススメです。

りそなプレミアムカードローンを検討中の方がよく比較しているのはこの3社です!

プロミス

実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


アコム
アコム

実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.7%〜18.0% 500万円 最短30分 最大30日※1

※1 初めて契約後30日間


イオン銀行ネットフリーローン

実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.8%〜13.5% 30万〜700万円 約1週間〜2週間 なし